豊見城の話題カフェ「PLUS MINUS」で絶品ホットドッグランチを楽しもう!

plus-minus

「しょっぱいものと甘いもの、温かいものと冷たいもの、どちらも食べたい……」。そう思ったことはありませんか?

じつは、豊見城にはその両方の欲望を満たしてくれる珍しいカフェがあるんです。
その名も「PLUS MINUS」! ランチタイムにカフェタイム、さまざまなシーンで利用したくなるお店です。

そこで今回は、グルメライターの吉田珠里がPLUS MINUSさんをご紹介! 食事欲もスイーツ欲も満たして大満足で帰宅した日のことをリポートします。

沖縄で唯一無二!食事とスイーツが一気に楽しめる

exterior

おしゃれなロゴが目を惹く、PLUS MINUSの店舗。店名の「PLUS」は温かいもの、「MINUS」は冷たいものを表しているそうで、その名のとおり「温かい食事」と「冷たいスイーツ」を味わえるお店です!

ファミリーにやさしいアメリカンな店内

もともと居酒屋だった店舗を、なんと店主がひとりで10か月もかけて改装したとか。「お客さまが何度でも足を運びたくなるような、誰にとっても居心地のよい空間」を目標に作ったそうです。

店内には、アメリカンな小物や装飾がちらほら。「見ているだけで楽しい気持ちになれるように」という店主の想いが、いたるところに散りばめられています。

そんなPLUS MINUSさんは、お子さん連れのお客さんウェルカムなお店です! 実際、店内は広々としているので、ベビーカーでも入りやすくなっています。
カウンター席、テーブル席にくわえて座敷席も用意されているので、小さなお子さんを連れての訪問もしやすくなっていますよ。

温かいものと冷たいもの、両方食べたい欲張りさんへ

menu

店主の「ホットドッグ好き」という一面と、「アッと驚くかき氷を提供したい」という想いで誕生したPLUS MINUSさんの2大看板メニューは、もちろんホットドックとかき氷です!

手作り出来立てホットドッグ

豚肉100%の自家製ソーセージが挟まったスタンダードなホットドッグ、まるでハンバーガーのように具材たっぷりのハンバーガードッグ、さらにはほかではなかなか出会えないデザートドッグまで、種類豊富にそろいます!

ランチには食事系を、おやつの時間にはスイーツ系をと、ホットドッグ連食の夢を叶えてみてもよいかも!?

素材にもこだわりが

店主は北海道出身だそうで、ホットドッグのパンにはこだわりポイントが。なんと北海道美瑛の小麦を使った天然酵母のパンを、現地で焼き上げて空輸で送ってもらっているそうです!

具材に負けないほどしっかりした小麦の風味が、PLUS MINUSさんのホットドッグにぴったり合います。

あっと驚く進化系かき氷

かき氷を愛してやまない「ゴーラー」の間で瞬く間に話題になった、PLUS MINUSさんの特大かき氷。もちろん、オープンしてすぐの頃にわたしの耳にも入ってきました。

「スペシャルかき氷」にはシンプルなかき氷からクリームたっぷりのかき氷まで全6種類があり、「沖縄のぜんざい」には味が異なる3種類があります。
手作りのシロップを使っていることから、ワンランク上のリッチな味わいが楽しめるにもかかわらず、その価格は1,000円以下とお手頃です!

夏の時期は一日中ひっきりなしにお客さんが訪れるため、店主は何時間も続けて氷を削るのが日常茶飯事とのこと。その様子からかき氷の大人気っぷりが伺えますね。

お子さんが食べやすいかき氷も

「スペシャルかき氷」よりもさらにお手頃な価格で「子供のかき氷」も用意されています。

シロップの種類の豊富さがピカイチで、定番のものから沖縄らしいものまでそろっています。追加料金でシロップをハーフ&ハーフにしたり、練乳を追加したりすることもできるので、楽しみ方の幅が広いのもうれしいポイントです!

子供のかき氷といえど、こちらも例に違わずボリューム満点! これならお子さんも大満足すること間違いありません。

ちなみに「子供のかき氷」という名前ですが、大人の方も注文可能なのでご安心を。

スタッフ人気No.1のメニューを実食!

plus-minus

メニューの種類が豊富だったので、店主におすすめを聞いてみたところ「お客さん人気が高いのはチリチーズドッグとチーズバーガードッグ、スタッフのまかないで人気なのはテリマヨです!」とのことでしたので、味を知り尽くしたスタッフさんに好評なら!と、テリマヨをオーダーしてみました。

甘辛い香りを漂わせてやってきたのは、重厚感があるパンにハンバーグとフライドオニオン、マヨネーズがぎゅうぎゅうに詰められたハンバーガードッグ! アメリカンな香りと見た目に食欲が刺激されます。

一口頬張って感じたのは、タレがたっぷり染み込んだこだわりのパンのおいしさ。
「ハード系なので食べにくいのかな?」と思いきや、表面はパリッとしていて歯切れがよく、中はもっちりとしていて柔らかく食べやすいんです! お子さんでも安心していただけますよ。

そして、次に驚いたのは甘辛い照り焼きソースとマヨネーズの相性! 醤油感がある濃いめのタレなんですが、マヨネーズが濃厚かつまろやかな味わいに中和してくれています。

粗挽きの手作りハンバーグはとても肉肉しく食べ応え抜群です。さっぱりとした野菜はソースがたっぷり絡まって美味。つい夢中になって食べ続けてしまいました!

炭酸系のドリンクをプラス!

drink

ジャンキーな食事にあわせたくなるのは、やっぱり爽快感がある炭酸系ドリンク! 喉越しがよく、濃いめの味付けの食事にぴったりです。

食後はお目当てのかき氷を

shaved-ice

食後には、お店で一番人気のかき氷「猿田彦コーリー」をオーダーしました!

高々と盛られた氷に、濃厚なミルクシロップが溢れるほどたっぷりかけられています。砕いたココアビスケットもたっぷり散りばめられているので、贅沢感もありますよ。

shaved-ice

口に入れるとふわふわの氷がスッと溶け、心地よい口当たりに。中にたっぷり入っているココアビスケットとの食感のコントラストはまさに唯一無二です!

また、よい氷が使われているからか身体にゆっくりと馴染むため、わたしは頭が痛くなりませんでした! おかげでパクパクと食べ進められましたよ。

濃厚なミルク感が味わえるミルクシロップの下にはコーヒーシロップがあり、たっぷり氷に染み込んでいます。コーヒーのほろ苦さのおかげでミルクシロップの甘さがすっきりとするので、最後まで飽きることなく楽しめます。また、チョコレート感もあるのでお子さんも食べやすいかと思います!

なんとスープのサービスも!

soup

なんと「多めに仕込んだからどうそ!」と、店主がミネストローネを振舞ってくださいました!
この日は気温が低かったのですが、素敵すぎるおもてなしに身体も心もほっと温まりました。

ホットドッグを持ち帰ろう

お店で手作りしているホットドッグは、テイクアウトして楽しむこともできます。

電話で事前に注文するとスムーズな受け取りが可能とのことなので、電話予約を推奨します! 繁忙期や忙しい時間帯でも、なるべくお客さんからの連絡は出られるように努めてらっしゃるそうです。

来店してからのテイクアウト注文ももちろん可能なので、ゆっくりとメニューを見て決めたい方はぜひ一度訪問してみてください。

店内外は見どころ満載

店主手作りの店内外はイベントごとに装飾が変わるため、訪問するたびに楽しみがあります。

たとえばハロウィンシーズンは、ハロウィンらしいメニューが登場するだけでなく、装飾もハロウィン仕様に変わります。
またクリスマスシーズンも同様に、入り口ではサンタクロースや雪だるまの人形がお出迎えしてくれるため、お子さんからも大好評です!

さらに、店内ではグッズの販売が行われています。
店内でホットドリンクを注文すると、お店のロゴが入ったマグカップに淹れて提供してくださいます。そんな可愛らしいマグカップが店内でも販売されており、なんと大人気だそうです!

このほか、アーティストさんや作家さんの写真展も定期的に行われており、アーティスティックな店内装飾を楽しむこともできます。

不定期開催なので、気になる方はお店のInstagramをチェックしてみてください。

ホットドッグ片手に優雅なランチを

アットホームな雰囲気の中でいただく食事やスイーツが大好評なPLUS MINUSさん。満足感だけでなく、愛情とやさしさも満点のホットドッグが食べたくなったら、ぜひ足を運んでみてくださいね。

ちなみに、18:00〜0:00の時間帯は、完全予約制で多目的スペースとして店舗を貸し出しているそうです。クリスマスやお正月など、親族で集まって楽しみたいときにはもってこいです! 気になる方は、ぜひ問い合わせてみてください。

◯ 関連記事

子連れママに大人気!豊見城の「KafuKari」でいただく絶品スパイスカレーランチ


住所:沖縄県豊見城市座安288-3
電話:050-5385-1143
営業時間:11:00〜0:00
     昼の部:11:00~18:00
     夜の部:18:00~0:00(予約制)
定休日:なし
駐車場:あり
SNS:Instagram

※ 掲載許可 取得済み

吉田 珠里

常に何かしらもぐもぐしている食いしん坊グルメライターです🍚
大盛りと男飯に目がありませんが、あまいものやヘルシーなものも大好き❣️
年間500軒食べ歩くわたしが、ファミリーにおすすめの沖縄グルメを厳選してご紹介します✨

おすすめ記事